リンパマッサージの効果について☆

2020年02月08日 17:50
カテゴリ:Welcome(^_-)

リンパマッサージの効果について☆

皆様こんばんは~(^^)
今日はリンパマッサージについてご紹介をしていきたいと思います。

リンパマッサージって?よく耳にはするけど~実際に受けたことの無い方は沢山いらっしゃると思います。

まずはリンパマッサージにも種類がいくつかありまして、大きく分けると2つに分類されます。

先ずはリンパマッサージ・リンハードレナージュ・アロマオイルマッサージなどと色々な呼び方がありますが、どう違うの?っと思われる方がいらっしゃると思いますが、大きなくくりでこの全ては同じくくりになります。

そして先程2つに分類されると言ったのは、オイルやジェルを使うか?使わないか?という事で、直接皮膚に触って潤滑油のオイルやジェルを使用して行う施術と、服を着たままでもできるドライリンパという施術方法の事をさします。

どちらにもメリットデメリットがあり、オイルマッサージでは直接皮膚に触れるので、リンパの滞りなどが分かりやすいので施術者も身体の状態を見ながらきめ細かい施術ができます。
ただ、オイルやジェルといった潤滑油を使うのであまり皮膚を見せたくない方や着替えや拭き取りが手間になってしまいます。

その点ドライリンパですと服を着たままでの施術が可能ですが、直接皮膚に触れないので施術者もお客様の状態が分かりづらくなってしまいます。

なので、結論から言うとEarthingではオイルかジェルを使ってリンパマッサージをしていきます。

それからリンパってどの部分?
ご存じの方もいらっしゃいますが、リンパは身体中全体に広がる毛細血管の様に、リンパも身体中全体にリンパ官と呼ばれる通り道があります。
そしてその中にリンパ液と呼ばれる液が流れていてリンパ液は毛細血管から浸出した黄色っぽい透明の液体です。
よく怪我をした時に血液以外の黄色っぽい透明の液体出てるのに気付くと思いますがあれがリンパ液です。

リンパ液の主な働きは細菌やウイルス・老廃物を運び排出させるのが目的です。

なので、このリンパの流れが悪いと老廃物などが停滞してしまい、浮腫や不快感・不調・セルライトなどの症状が出てきます。

特に体重が見た目よりも軽い人は筋肉量が少ない方がおおいので、筋肉質な人に比べて水分が滞りやすい傾向があります。

そこで、リンパ官を刺激してリンパの流れを良くしていき老廃物などを排出しやすくしていくのがリンパマッサージになります。

リンパマッサージは痛い?
日頃運動をされない方は神経が過敏になっているのでちょっと撫でただけでも痛い!って思われる方もいらっしゃいますが、リンパ官は皮膚の表面の方にあるのでそんなに力強く圧をかけなくても充分に流れてくれます(^^)

ただ、Earthing のメニューにあるオイルリンパこりほぐしはリンパの流れを良くすること+凝り固まった筋肉や老廃物の滞り(コリ)を同時に解し血流改善も目指し相乗効果を狙います♪

なので酷いコリはあるのにあまりマッサージに行かれない方や普段運動不足の方は神経が過敏になっているので、悪いところは痛みが伴いますが、力加減はお客様のご要望にお応えしながら施術を行いますので遠慮なくお申し付け下さい)^o^(

尚、リンパマッサージは1回でも効果は充分に感じられると思いますが定期的なメンテナンスがよりお勧めです(^_-)

リラックスされたい方、代謝アップや疲労回復・ダイエット・体質改善・こり改善をご希望の方は是非一度Earthing のオイルリンパこりほぐしをご体感しに来てみて下さい☆
きっとご満足頂けると思います(^-^)/

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)